「木の耳付き」テレキャスター・欅(けやき)ボディ材

『表皮側の形がそのまま残っている欅の木』に『スモークド乾燥』処理を施し『漆生地固め』して作ったテレキャスター・ボディ材です。

ふつう材木は「辺材」と「心材」に分けて、「心材」を使うものです。「辺材」は立木の表皮付近の材で、木の養分や水分が行き来する組織が集まっています。そのため材木としては、乾燥後も腐りやすかったり、虫が入りやすかったりするうえ、楽器材としては細胞が荒くて本来適していません。

ただ、表皮は自然のままの形を残すので、自然物を愛でる気持ちを表現できるように思えます。

そこで木を燻して細胞を締める「スモークド乾燥」処理を施して、その細胞を漆液を染み込ませて固める「漆生地固め」して楽器材として使えるようにしました。(スモークド乾燥・漆生地固めはブログhttp://9notes.jugem.jp/?eid=313で効能をお確かめください)

木の耳と呼ばれる部分を「コンタクター加工」に見立ててあるのがミソです。木の自然のラインに同じものはありませんので「オンリーワン」の材言えます。ワンピース材です。

国産の欅で硬くて強い材です。お碗から寺社建築まで日本では広く使われてきた材です。漆との相性は抜群で深みのある色艶が出てきます。今回は漆を6回ほど擦り込んであります。塗装膜は薄いので傷は付きやすいですが、このままでも使用できます。(オイル仕上げ並みの保護膜)

材の厚みは45ミリでストリングブッシュ用の穴、サイドにアウトプットジャック用の穴、PUやキャビティのザクリ加工、配線用の穴も貫通も済ませてあります。ネックポケットはエンドで56.5ミリ深さ18ミリです。重さは3・5キロ

ありのままの形・虫に食われ、割れ、腐れ、外皮がそのまま残っています。いい部分だけでない自然の形を愛でてていただければ嬉しいです。

税込み・送料込み価格です。
(ただし振込み手数料は、お客様負担をお願いしています。)

ネック取り付け時に正確なブリッジ位置決めのため、ネックポケット等の修正が必要になること御承知ください。



¥ 59,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。