「栗のストラトキャスター」

『オリジネル・栗材のストラトキャスター』を販売します。(この楽器は、「スモークド乾燥」処理したうえ「漆生地固め」技法を使い、レスポンスとサスティーンがアップされています)

試し弾きに使っているため、わずかにネック・ボディに傷があります。(極薄仕上げのため爪の痕などが付いたと思われます)値引きしてあります。(それでもピカピカですよ)
特別価格¥270000で販売します。(ハードケース付き)

《仕様》
ボディ:  栗ワンピース
ネック:  イタヤ楓(杢あり)
指板:   ローズ21フレット
フレット: JESCAR 55090NS
指板ラディウム : 12インチ~14インチ R
ナット幅 42ミリ 12フレット 52ミリ
ナット:  オイルドボーン
ペグ: ゴトー社製クルーソンタイプ SD91マグナムロック
ブリッジ: ゴトー社製シンクロナイズド・トレモロユニット 510
ピックガード: 赤鼈甲4プライ ビス7点止め
ピックアップ:  フロント VANZAD BLUSE 
         ミドル  VANZAD BLUSE REVERSE
        リア   VANZAD BLUSE
5WAYスイッチ CRL社製
ポット :  CTS 250Ω
アウトプットジャック: スイッチクラフト社製
コンデンサー:  SPRAGUE オレンジドロップ
配線材 :  BELDEN ♯8503
ハンダ:  ケスター ”44”
弦ゲージ : 0.09~0.42インチ
塗装: 漆生地固め・黒生漆/擦り漆仕上げ
重さ: 3・8kg

《特徴》
栗の一枚板を「スモークド乾燥」処理したうえ「漆生地固め・摺り漆仕上げ」しました。

栗材はアッシュに似た材であり、高域から低域までバランスよく鳴る材です。それを「スモークド乾燥」することにより、音伝導率をアップさせ、レスポンス・サスティーンの向上を図っています。

「スモークド乾燥」は木材を「燻す」乾燥方法で木材内のヘミセルロースを減らす効果があります。木材は経年変化とともにヘミセルロースが減っていくので、それを燻すことで促進しているのです。枯れた音というより10年くらい使用した「よく鳴る」頃の音を目指しています。

「漆生地固め」は、スモークした細胞を漆の浸透性を利用して固めてしまい、安定させるねらいです。さらに漆を繰り返し塗り「摺り漆(すりうるし)」で仕上げました。塗膜は数ミクロンで薄く仕上りボディ振動を妨げません。

1V2Tで、通常 フロントPUとミドルPUのトーンコントロールをフロントPUとリアPUに配線してあります。リアトーンを絞ることで太い音を表現できます。


このストラトキャスターは、木曽の伝統的な木と技術を駆使した楽器となっています。



¥ 270,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。